ブラックコーヒーにビターチョコレイトⅢ

danjiyoshi.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧


早くも1ケ月が去ろうとしてる。
年が明けて「おめでとう!」って挨拶交わしたのも今月。
みんな普通にがむしゃらに仕事してる。
漫画家の水木しげるが昔、言った言葉。
「生きてる限り、理想郷なんてありはしない。
毎年毎年、できもしない目標を立てて追いかけるな」
深いな。
[PR]
by fkterie | 2007-01-29 23:02 | ■日常考
*****************************************************
c0100848_1802985.jpg

*****************************************************
マドンナについては7年くらい前の彼女のアルバム「MUSIC」を
買って以来、全然買ってないんだけど、ちょっと前になんか
思い出したかのように「ホリデイ」を口ずさんだのね。
「ほーりでい♪せれぶれーい♪」
で、17年前に出たベスト盤を買いました。
彼女はデビュー後、どうしてもマリリン・モンローのような
セックス・シンボルとしてしか見られてなかったけど、
社会的な問題を取り上げたPAPA DON'T PREACHくらいから
アーティストを極めていった感はあるな。この作品は出だしから
曲中のアレンジまでクオリティが維持されている1曲だと思う。
ちなみにレベッカの「MOON」はこのメロディのパクりだよね。
[PR]
by fkterie | 2007-01-28 18:14 | ■音楽考

カオス


肩を貸したつもりもないのに
真っ先に頬をすりよせてくる
その気もないくせに甘い言葉を放つ
たやすく入るおもちゃか何か?
君が脱いだって抱くつもりはない

混沌とした時代だから
なおさら前が見えなくなる
そばで誰かがニヤついているよ
わけもわからず「愛」がほしいのかい?
君が立ち止まっても振り返る気はないさ

むしばまれた心のどこかで
本当の君が落ち込んでいる

流れってそんな風に簡単には変えられない
人は一番目に自分が大事なくせに
二番目はいつもその日によって変わるものさ
俺も、君も、君のPapaも、他人も


揺れるくちびるが乾いて
君も目が疲れてきてる
それでもここぞとばかり愛を謳う
まだまだ愛をくれる奴等はいるね
君が倒れたって俺は口笛吹いてるさ

むしばまれた心のどこかで
本当の君が落ち込んでいる

流れってそんな風に簡単には変えられない
人は一番目に自分が大事なくせに
二番目はいつもその日によって変わるものさ
俺も、君も、君のカモも、他人も

[PR]
by fkterie | 2007-01-27 23:49 | ■作品考

冬が終わる


季節感がなくなって
僕は調子っぱずれのくしゃみをしてる

昔なら誰かが噂をしてると
色んな人を思い浮かべたりしたけど

寒暖の差 ただ激しいだけ
人を思い浮かべることもなくなったよ

ねぇ 君はどうしてる
懐かしい顔は
あの日のままなのかな
ねぇ 僕はどこへ行く
心もとなく壁を毎日よじ登り
冬はそう終わってく


手が冷たくなってまた
僕は大人のくせに両手をポケットに

昔なら誰かがとうに呟いてる
心が冷たいからじゃない?って ほら

階段の差 ただ見上げてる
後ずさりもしない でも進んでもない

ねぇ 君はどうしてる
輝かしい光は
あの日から消えてったと聞くよ
ねぇ 僕はどこへ行く
心許す友にも次第に会えず
冬はそう終わってく

心もとなく壁を毎日よじ登り
冬はそう終わってく

冬はもう終わってく

[PR]
by fkterie | 2007-01-26 20:48 | ■作品考

教育再生会議の第一次報告を今読んでいます。
読んでいます・・という書き方をしたのは
サラっと読んでるのではなく、ゆっくりと何度も
読んでいます、ということです。

これを受けてのニュース、特集番組、
コメンテーターの発言なども出来るだけ見ています。

その中で、圧倒的に多いのは(ブログも含め)
与党のような否定論者ですね。
そして、その否定論者は具体的な打開策、解決策は
ぜんぜん述べませんね。野次ばかりです。

「想像した通りの内容だ」
「内容のない上っ面だけの提言だ」

あえて言いましょう。



明確な解決策も出さずに、否定から入る
一辺倒人間は信じるべからず


鉄則です。


大の大人達が集まって挙げた提言について
あっさりと否定する人達は

烏合の衆です


僕は過去のブログで、教育再生会議については
肯定的な意見は述べませんでした。
しかし、物事を考える基本として、国として考えたものについて
簡単に否定から入るのは大人がやる姿勢ではないと思ってます。

問題の本質は「教育」良くして行くことにつきてます。
その手段が提言として出されて、それを「これじゃあね」と簡単に
言っている人には「教育」なんて語れませんね。
肯定の部分もあるはずです。当然、否定の部分もあるでしょう。

全否定があってはおかしいですよ。


この報告書については、僕なりの考えを出します。
しかし、簡単に、さらりとは書けません。
真剣に考えているからです。
だから時間をください。追々で行きます。
[PR]
by fkterie | 2007-01-25 23:08 | ■モラル考

韓国旅行計画


現在、検討委員会に挙がっている案件は「韓国旅行」です。
2年前、釜山に行って以来の海外旅行計画です。
釜山の時は、組まれたツアー内容中にも関わらず
ガイドさんに頼んで金物屋を探してもらい、そこで
石焼のビビンバの器とタッカルビ用の鍋、
冷麺用の容器、箸などを購入し帰国しました。
今回はソウルの明洞あたりで検討してます。3月か4月ですね。
辛いものが好きなので美味しいものを食べてきたいな。
[PR]
by fkterie | 2007-01-24 20:57 | ■旅考

電車に乗るといろいろな事に遭遇します。
自分なりに考え、時に笑ったり、時に不思議になったりと
東京という街はよくよく考えさせられる街です。


朝の山手線なんか、1~2分もすれば次が来るのに
なんで駆け込み乗車?


(神の声)
前の日に10分早く寝て次の日に10分早くおきなさぁい



電車から降りるとき、降りれなくなると思うのか
なんで前の人をガンガン押すわけ?


(神の声)
乗る人が待ってる間はドアは閉まりましぇん



僅かな長さのエスカレーターに乗るために
エレベーターと同じ長さくらい1列になって
なんで乗りたいわけ?


(神の声)
駆け込み乗車の元気力で階段登りなさぁい


世のお父さん。
週の真ん中、水曜日。明日も頑張ってね。
[PR]
by fkterie | 2007-01-23 22:53 | ■人間考

昨夜テレビで裁判傍聴の特集をやっていました。
一般人が抽選方式で裁判を傍聴できるというのが
今ブームらしいです。
Shall we dance?の映画で世界的に有名になった
周防正行氏の「それでも僕はやってない」の番宣を絡めての
番組内容でしたが、個人的にはなんか後味が悪かったな。

日本には平成16年に制定された裁判員制度というのがあり、
刑事裁判において、国民から選ばれた裁判員が裁判官と一緒に
審理に参加する制度で平成21年に開始される予定です。

そういうのもあってか、裁判傍聴に興味を抱く人々が増え、
むしろ昨夜のテレビでは検事がインタビューを受け賛成の意を
唱えてました。

そもそも裁判員制度は、国民にとって裁判が分かりやすいもので
なければならないという主旨のもとに考えられたものだそうです。
更なる理由の1つには裁判時間を短縮することが
その目的となっているようです。
裁判が慎重になるに従い、審議内容によっては
何十年とかかるものも出てきて、特に刑事裁判なんかは
証拠、証言、記憶、など間口が狭くなるため、
鉄が熱いうちに打てなくなっているのが実情です。
これについては僕自身、理解の範囲内ではあります。

この裁判員は「くじ」で決めるんですよね。
詳しくは省略しますが、要は選挙管理委員会が、「くじ」で
予定者を選定。地方裁判所に伝え、地裁が対象者に
その旨を通知するといいます。

もちろん不向き(欠格事由・不適格事由・辞退事由)の存否に
ついての質問状はいくようです。

しかし、結局、民間人にとっては地雷を踏んだという
気持ちにもなりかねない不利な条件がついてます。

・質問票に虚偽の事項を書いた場合には、50万円以下の罰金(刑事罰)、
または30万円以下の過料。
・呼出されたにもかかわらず、正当な理由なく出頭しない者は、
10万円以下の過料。




僕は人を裁けるのか。見ず知らずの他人を。


そして


こんなにモラルのない日本の中から選定するのか。


人間が犯してしまった罪について、
たとえそれが極悪非道、反省も垣間見れない罪人だとしても
一民間人が裁判傍聴に興味を持ち、抽選くじの合否に一喜一憂し
その犯行動機や犯行状況を傍聴することは、ただのスリル欲しさ、
非日常を追いかける胸の高鳴りだけであって、
人を罰するには程遠いレベルだと僕は思います。


その昔、法学部だった僕は、当時ゼミの一環で
裁判傍聴に幾度となく裁判所に出向きました。

そこには一般人が見てはいけない修羅場があり
「自分は正義」みたいな気持ちにもなれませんでした。

罪を罰するのは、法治国家である以上、
僕は裁判官だけだと思いますし、仮にそこに悪しき体質が
蔓延しているのであれば、そこ自体を改革すべきであって
一般人を巻き込んで緩和を図るという行為は
やはり歪み続けている日本の象徴の1つだと思います。
[PR]
by fkterie | 2007-01-22 22:24 | ■モラル考

LAURYN HILL  Miseducation

***********************************************************
c0100848_20474867.jpg

***********************************************************
フージーズ2nd「The Score」のセールスは1700万枚、このソロ1作目は
1200万枚を売り上げてるんだよね。確か20歳かそこらだったと思うけど。
オープニングが学校の教室で先生が出欠をとるところから始まる印象的な
描写が切なく、「社会の常識は非常識」という問題提起が日本のラップ、
第二次ブームの火付け役になったんだと僕は思ってる。
でも、僕の中では彼女はソウルレディとしての評価が高いな。
スタンダード集とか出したら、珍しく即買いですね。
[PR]
by fkterie | 2007-01-21 20:44 | ■音楽考

1月の7日に放映された、「発掘!あるある大事典2」の納豆のダイエット効果
の番組後、スーパーから納豆がなくなっていましたね。
僕はこの一連の社会現象、いわゆる

「あるある」の次の日は売場からモノがなくなる

という風潮は、このままでは歯止めが効かなくなるなと
感じていました。

そして、今日のニュースで、番組で取り上げた実験データが
捏造で、効果について誇張していたことがわかりました。
また、「売場」からモノがなくなるという現象については、
番組の放送前に、その情報を業界にリークし、
大手量販店はモノを予め仕入れ、中小のスーパーでは
欠品が続出したといいいます。

完全に歯止めが効かなくなってますね。

学説では納豆で痩せる効果があるとのことですが、
今回の番組では中性脂肪値が正常値になった」と放送した
被験者の数値測定は実際には行ってなかったんですね。
あと、朝に納豆を2パックめて食べた場合と、
朝晩に分けてから納豆を食べた場合の血液の比較検査結果も
やってなかった、架空結果だったんです。

番組制作者の社会的責任は大きいですよ。
仮にも影響力のある番組なわけですから。

責任の所在を明らかにせず、少しのインタバルを置き
また普通に放送しますよ。なんせ、

高視聴率番組です。

この内容を受け、消費者は

「怒りの声」

らしいです。これについても僕からすれば

「まあ、まあ。普段から影響されすぎなんじゃない?」

健康は自分で管理していくものであって
「テレビでやってた」=「真実」から
早く卒業しましょう。

さて、僕は納豆が好きで、毎日食べています。
量は小さなパックを1つですね。
意識し始めたのは
あるあるよりだいぶ前から、納豆は植物性蛋白で
動物性蛋白よりカロリーも低くダイエットには良い、
血液もサラサラになるとは言われてきました。

男性の脂質基準値は

総コレステロール 130~220mg/dl
中性脂肪       30~150mg/dl

また、ちなみに肝機能基準値は
γ-GTP 60以下 IU/I


結婚する前は一時期、それぞれ
240mg/dlとか 180mg/dl とかありましたね。

結婚してから妻に毎日納豆を出してもらうことにして
今も続いています。

そこで、「裏づけ」=「数値」で報告しましょう。

(2002以前のデータは紛失)
      総コレステロール 中性脂肪 肝機能
2002     201    105    108  記憶では納豆効果が顕著
2003     211    138    103    少し気の緩みが出る。
2004     227    185    148    仕事のストレスから大酒。痛風に。
2005     213    108    90     前年から食・酒を絞る
2006     198    100     81   5年前と比較するとかなり節酒
2007     197    103    89
2008     210    186    95 


2002年以前のデータがないので残念ですが、記憶では納豆を毎日
食べるようになってから最初の頃は極端に数値が落ちていきました。
しかしやっぱり数値は正直です。それだけ毎日納豆を食べていても、
食生活如何でバランスは崩れるんですよね。
1つ言えるのは、酒がかなり数値に影響する感じます。酒を飲めば
つまみを食べます。節酒すればγ-GTP も下がってますよね。
まだまだ基準値にはなりませんが、独身の頃γ-GTP は180とか
平気でありましたからねー!! ほぼ毎日飲みに行ってました。
医者に入院かインターフェロン(注射)を毎日か、の選択で
泣く泣く注射をしに行ってた時もありました(結局嫌で10日間で挫折)

テレビなどの媒体の情報に一喜一憂するのではなく
自らの体は自ら(家族)で守るしかないんですよね。
[PR]
by fkterie | 2007-01-20 20:36 | ■食文化考

ビターチョコを1かけ食べて飲むブラックコーヒーが無二のひととき


by fkterie